離婚調査なら探偵王 離婚が多い理由や現状

離婚が多い理由や現状

離婚が多い理由や現状とは

3組に1組が離婚

現在、日本では3組に1組の夫婦が離婚していると言われています。

ただ、離婚率を見てみると、増えてはいますが、日本の離婚率は至って平均的です。

世界的に見ると、離婚率が一番高い国はロシア、次いでアメリカやカナダなどが挙げられます。

一番高い都道府県

沖縄県

日本の中で一番離婚率が高い都道府県は、沖縄県です。

沖縄県の離婚率が高い理由としては、低所得者が多いという経済的理由と、初婚年齢が低いことが原因だと言われています。

若い時に結婚をするかたは、できちゃった結婚なども多いため、離婚率も高くなっていると考えられます。

一番低い都道府県

大阪府

日本の中で、一番離婚率が低い都道府県は、大阪府です。

大阪府の離婚率が高い理由としては、失業率が高いことと関係していると言われています。

楽観的な府民だとも言われていますが、「離婚」に対しての考え方が軽い方が多いのかも知れません。

離婚の現状と原因

離婚件数の推移

全国の離婚件数の推移を見てみると、年々増加傾向にあります。

人口が増えたことや、熟年離婚が増えたことによる影響も考えられ、人口に対する比率で見ても、倍近くに増えています。

デキちゃった結婚などで、1年以内に離婚される方が増えています。

ひょっとしたらあなたの周りにも離婚を経験した方もいるのでは無いでしょうか?

離婚の現状

離婚が一番多かった時は平成14年だったと言われていますが、その時には1分49秒に1組が離婚しているといった高い離婚率でした。

最近は、そこまでではありませんがやはり離婚をしている人はだいたい28万件に上っていると言われています。

年齢別で離婚を見てみると、若い夫婦の離婚率が高いのですが、ここ数年では中高年の離婚率も高くなってきていて、熟年離婚という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

離婚の原因

離婚の原因で多いのが、浮気や不倫などの不貞行為が多いと言われています。

ただ、実際に裁判離婚などで申請されるときは、「性格の不一致」として申請されることが多くなっています。

また、離婚の原因のひとつに、相手が回復する見込みがないと診断された重い精神病や精神障害になったときにも、離婚をするということもあるようです。

他にも、借金があることを黙っていて結婚したことによって離婚、ドメスティックバイオレンスをするようになったから離婚など原因は様々です。

また、当人同士はそれほど問題がなかったのに、嫁姑問題が原因で離婚問題に発展した夫婦もいるので、離婚の原因も多様化しています。

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

離婚調査の対応地域

都道府県

新着記事

離婚調査に関する記事

関連ページ

Top
離婚調査なら探偵王 離婚が多い理由や現状