離婚調査なら探偵王 濡れ落ち葉離婚の意味とは、定義など

濡れ落ち葉離婚の意味とは、定義など

濡れ落ち葉離婚の意味とは

そもそも、濡れ落ち葉離婚とは

濡れ落ち葉離婚とは、旦那が定年退職をしたことをきっかけにする離婚のことです。

一般的な企業では、60歳で定年退職となるため、60歳以降の離婚に対して使われます。

この濡れ落ち葉というのは、定年退職後の夫のことで、仕事人間だった夫が家では邪魔な存在であることを表現した言葉です。

濡れ落ち葉という比喩が出てくるまでは「粗大ゴミ」などと表現されていました。

濡れ落ち葉という比喩は、妻が出かけようとすると「わしもついて行く」と、どこにでもついてくる様が払っても払ってもなかなか落ちない濡れた落ち葉に似ているからです。

濡れ落ち葉離婚をする背景

濡れ落ち葉離婚の理由

長年連れ添った夫婦が離婚する原因としては、今までは、会社などで出掛けていた夫が、定年とともに家にいることが多くなり、一人の時間がなくなったことが原因となっているケースや、退職金が出るまではと我慢していたが、退職金入金とともに離婚を決意するケースなど様々です。

また、ドラマ「熟年離婚」が注目され、年老いてからの離婚にネガティブな印象を持つ方が減ったということも理由として挙げられます。

離婚した家庭の結婚期間

このグラフを見てみると、多くの家庭は5年以内で離婚していることがわかります。長くとも10年以内には離婚しています。

年々、長くなる傾向にありますが、実際の件数は倍以上となっています。

これは、特定の都道府県だけでなく日本全体でこのような傾向が見られています。

件数だけ見ると、離婚が身近なものになっていることが伺えるのではないでしょうか?

「離婚の多い理由や現状」はこちら

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

離婚調査の対応地域

都道府県

新着記事

離婚調査に関する記事

関連ページ

Top
離婚調査なら探偵王 濡れ落ち葉離婚の意味とは、定義など