離婚調査なら探偵王 離婚準備とは、その方法・手順

離婚準備とは、その方法・手順

離婚準備とは、その方法・手順マニュアル

そもそも、離婚準備とは

離婚準備とは、離婚を考えている方が、パートナーに離婚したい旨を伝える前に離婚の準備することです。

あくまでポイントとしては、「離婚する旨を伝える前に」ということです。

離婚したいことが相手に知られると、相手にも離婚準備をする時間を与えることになるので、自分が優位に進めることが出来ません。

離婚の流れやフロー

離婚準備に必要なこと

離婚準備をする際に必要なことは、以下のことが挙げられます。

  • 相手に法的離婚原因がある場合には、その原因・証拠を確保
  • 弁護士費用・引越し費用・別居した場合の婚姻費用や生活費用を把握
  • 現金・不動産・保険・有価証券・年金・車など夫婦の共有財産と自分の財産を把握
  • 慰謝料・財産分与・養育費・年金分割・退職金など相手に請求できる金額を把握

離婚準備は、相手との交渉を含め、時間が掛かることと、精神的にも経済的にもある程度は覚悟をしておく必要があります。

相手の不倫や浮気の証拠を確保

単純に、別れたいという理由だけでは、相手の同意がなければ離婚することが出来ません。

普通の方なら、離婚に反対します。

どうしてもという場合には、慰謝料が無し、財産分与無しということであれば、離婚に応じる方もいるかもしれません。

離婚したいという理由が、相手の素行が疑わしい場合などは、その証拠を得ることで離婚を優位に進めることが出来ます。

単純に言うと、浮気の証拠や、暴力の証拠などです。

しかし、こういった証拠を集めるには、素人では難しいことが多いです。

そのため、探偵を利用し、証拠集めなどを依頼しましょう。

証拠が有るのと無いのとでは、離婚条件などが大きく変わります。

離婚に必要な費用を把握

離婚をする際に必要な費用を知りましょう。

  • 弁護士に依頼する費用
  • 裁判に掛かる費用
  • 引っ越し費用
  • 新居の家電や食費・雑費など
  • 離婚後の生活費

などが必要となります。

また、現在、専業主婦・専業主夫という方の場合は、収入がないため、貯金をしておく必要があります。

それも、パートナーに気づかれないようにお金を貯めなくてはいけません。

共有財産と自分の財産を把握

結婚している期間が長ければ長いほど、共有の財産と自分の財産が増えていきます。

結婚前の貯金や、結婚後の貯金、退職金や年金、両親からの相続金などしっかりと分けておく必要があります。

特に、結婚前の貯金や自分の親からの相続金は、夫婦の共有財産ではなく分与に値しないので、家計費ときっちり分けておきましょう。

相手に請求できる金額を把握

慰謝料・財産分与・養育費・年金分割・退職金など相手に請求できる金額を把握しましょう。

離婚が成立して、2年が経過すると、財産分与請求をすることが出来ません。

そのため、離婚をする前に、しっかりと財産分与請求をする必要があります。

協議離婚では、いち早く別れたいがために、離婚の条件を決めずに別れる方がいます。

もしも、相手が浮気などをしていた場合でも、財産分与無し、慰謝料なしという条件で、別れる方も多くいます。

しかし、それでは、もらえていたはずのお金を受け取ることが出来ません。

相手に不貞行為などがあった場合の慰謝料の相場は100万円から500万円と言われています。

これほどのお金を損することにもなるので、しっかりと請求できる金額を把握し、請求しましょう。

また、相手に怪しい行動などがある場合には、探偵を利用し、証拠集めをしてみるのも一つの手だと言えます。

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

離婚調査の対応地域

都道府県

新着記事

離婚調査に関する記事

関連ページ

Top
離婚調査なら探偵王 離婚準備とは、その方法・手順