離婚調査なら探偵王 家庭内別居をするきっかけや原因

家庭内別居をするきっかけや原因

家庭内別居きっかけや原因とは

相手の浮気や暴力など

きっかけは些細なことから

近年、家庭内別居をしている夫婦が増えているようですが、そのきっかけや原因はどういったのものなのでしょうか?

  • 子供が生まれても育児に協力的でない
  • お互いの不満が爆発
  • 趣味を優先する
  • 友人を優先する
  • 相手が浮気をした
  • ギャンブル依存がひどい

など、夫婦関係が悪化する原因としては、これらのことが挙げられます。

一番多い原因としては、子供が生まれてから育児に関することの不満が募った挙句、喧嘩をしてしまったことが挙げられます。

その喧嘩をきっかけに、家庭内別居になってしまい、解消することができず、現在に至るという方が多いようです。

また、子供がいたり、結婚しても結婚前の生活スタイルを変えない相手に不満を持ち我慢の挙句というのが多いようです。

中には、家庭内別居を機に結婚指輪を外すという方もいます。

「家庭内別居のメリット・デメリット」はこちら

家庭内別居をするきっかけ

喧嘩で収集がつかなくなった

旦那と家庭内別居することになりました。

原因は、

  • 旦那が私の作った料理に文句しか言わないこと。
  • 美味しくても無言で美味しいとは言わないこと。

これを指摘したら、「美味しいと言われる料理を作ったら」とのこと。

この発言が許せなくて、喧嘩をしてしまったようです。

  • 妻側は謝って欲しい。
  • 夫側は謝らない。

の喧嘩で収集がつかなくなり、家庭内別居になってしまいました。

その他にも、

  • 私は旦那に大切にされていると全く感じないこと。
  • 家事育児を手伝ってもらえない。
  • 妻が入院時にパチンコ(共有の貯金から使い込み)

ということがあり、もともと夫側に不満があったようです。

夫側の言い分としては、

  • 家事については妻がやるのは当然。
  • 家事を手伝っているつもりだ。
  • 家事についてはやってもらって感謝はしている。
  • 妻のことを大切にしてないことはない。

結婚生活が長くなると、言葉数が少なくなり、感謝や感情などを表現しないことが多くあります。

「ありがとう」という言葉も当たり前だから言わなくなったり、「美味しい」という言葉も特別言う言葉でもないと言葉にしないことがあります。

家庭内別居のしっかけは、こういったコミュニケーション不足から始まることがほとんどです。

イライラしても、喧嘩腰になることはせず、互いに改善案を話し合うことが一番です。

<< 家庭内別居は寂しい・辛い生活の始まり 家庭内別居中の正月や年末年始 >>

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

離婚調査の対応地域

都道府県

新着記事

離婚調査に関する記事

関連ページ

Top
離婚調査なら探偵王 家庭内別居をするきっかけや原因