離婚調査なら探偵王 家庭内別居中の恋愛が与える影響

家庭内別居中の恋愛が与える影響

家庭内別居中の恋愛が与える影響とは

不倫や慰謝料請求の可能性

家庭内別居は、法律上は結婚状態

家庭内別居をしていると、寂しいことが多くあります。

夫婦の営みもそうですが、会話も食事も一人のときが多くなります。

そのため、新しく恋や恋愛を始めたいという方も多いのではないでしょうか?

寂しい時に支えてくれる相手に出会い、家庭内別居中ではありますが、告白され恋愛感情が芽生えてしまう…。

しかし、家庭内別居と言うのは、法律的には、結婚している状態にあります。

単純に別居状態であれば、夫婦関係が破綻していると認められるのですが、実際には一緒に住んでいるため、それ相応の理由が必要となります。

ただ、生活費の扶助をしていない、妻が夫の食事を作らないなど、夫婦関係が破綻している場合には、離婚が認められるケースがあります。

家庭内別居中の恋愛は罪か

家庭の状況によるが「罪」になることも

先程もお伝えしましたが、離婚していなくても完全に別居している夫婦の場合、どちらかが新しく浮気・恋愛しても罪に問われることはありません。

というのも、夫婦が別居することは「婚姻が破綻していること」を意味しているとみなされるためです。

しかし、家庭内別居となると話は別です。

住んでいる家がが同じなので「別居」とみなすのは困難で、状況によっては「婚姻が破綻している」と判断されません。

そうなると、新しく始めた交際は「罪」となります。

ただ、家庭内別居中の交際に関しては判断が難しく「婚姻の破綻」が認められるかどうかで罪になるかポイントとなります。

  • 家庭内別居中に夫からの生活扶助がない
  • 夫の分の食事を妻が用意しない
  • 洗濯も自分の分しかしない

など、生活のための協力がないとみなされれば、「婚姻の破綻」が認められるため、慰謝料を請求することができなくなります。

安心は出来ない

では、夫婦関係が破綻しているからと行って、別の相手と交際するのは注意が必要です。

あなたは、夫婦関係が破綻していると思っていても、相手がそうは思っていない場合があります。

子供がいるため離婚はしたくないから、家庭内別居で妥協しているケースもあります。

そういった場合、あなたが別の相手と交際をすると、慰謝料請求をされる可能性があります。

「婚姻の破綻」が認められるか、認められないかはかなりシビアです。

家庭内別居中の恋愛が相手にバレることで弱みを握られることにもなりかねません。

反対に、浮気をされたという方は、家庭内別居中であっても優位に立てることとなります。

<< 家庭内別居中の正月や年末年始 家庭内別居中の浮気・不貞行為 >>

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

離婚調査の対応地域

都道府県

新着記事

離婚調査に関する記事

関連ページ

Top
離婚調査なら探偵王 家庭内別居中の恋愛が与える影響