離婚調査なら探偵王 家庭内別居が子供に与える影響

家庭内別居が子供に与える影響

家庭内別居が子供に与える影響とは

家庭内別居は子供にも影響を与える

会話のない夫婦は不自然

夫婦関係が破綻しているのにも関わらず、離婚ではなく、家庭内別居をする夫婦が増えています。

家庭内別居を選ぶ理由として挙げれれるのが、「子供への影響」です。

離婚して片親で育てることになった場合、子供に嫌な思いや不便をかけさせてしまうのではないか、ということを懸念しての選択や子供が成人するまではしっかりと見守りたいという考えがあるようです。

基本的に、家庭内別居では、夫婦の会話はもちろん、食事や性交渉などは一切行いません。そのため、夫婦間でのやりとりはほとんどありません。

子供が小さいうちは、それが普通だと思うかもしれませんが、子供が大きくなるにつれ、友達の家族とは違うということに気づいてしまいます。

家族で出かけることもないため、子供が楽しいと思えるような家庭ではないでしょう。

子供に与える影響

人の顔色を伺うようになる

家庭内別居をしている家庭では、お互いに無関心なこともありますが、子供がいるとそうは行きません。

子育ての考え方の違いや方針の違いなどによって対立することも多々あります。

そのため、父親が怒っていないか、母親が怒っていないかと、両親の機嫌を取るようになります。

これは、家庭内だけではなく、学校などでも、消極的で、あまり自分に自信に持てない大人になってしまいます。

コミュニケーション能力が育たない

基本的に、子供は両親の真似をして育ちます。

夫婦間での恥ずかしい会話を子供が外出先で言葉にしてしまい、恥をかいたという経験もあるのではないでしょうか?

子供は、家庭での会話から話し方や口癖などを学んでいきます。

しかし、夫婦間で全く会話がないということは、そういった機会がないことになります。

そのため、冗談を言ったり、言葉の真意がわからなかったり、コミュニケーション能力がない大人になってしまいます。

自分を責めるようになる

子供は、なぜ両親が仲が悪いのかなんてわかりません。

両親が喧嘩をして、お互いを否定し合う姿を見ていると、「自分がなんとかしないと」と明るく振る舞います。

しかし、それは最初だけで、子供が明るく振る舞っても、改善することはありません。

子供がどれほど頑張っても、家庭内別居は続きます。

そんな生活が続いていると、「自分が悪いんだ」と自分を追い詰めるような考えをしてしまいます。

子供の離婚率が上がる

毎日のように喧嘩をする両親、一緒に住んでいても会話をしない両親。

そんな姿を子供が見ていると、結婚に対する意識も変わります。

一般的な家庭の子供は、離婚に対してネガティブがイメージを持っているため、なかなか離婚に踏み切ることが出来ません。

しかし、家庭内別居や離婚を小さい時に経験してしまうと、「離婚することが普通」と考えてしまうため、離婚をしやすくなります。

また、行動遺伝学では、「結婚生活の満足度も遺伝が関係している」と報告されています。

<< 家庭内別居の裁判・判例事例 家庭内別居は寂しい・辛い生活の始まり >>

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

離婚調査の対応地域

都道府県

新着記事

離婚調査に関する記事

関連ページ

Top
離婚調査なら探偵王 家庭内別居が子供に与える影響