離婚調査なら探偵王 家庭内別居のメリット・デメリット

家庭内別居のメリット・デメリット

家庭内別居のメリット・デメリットとは

そもそも、家庭内別居とは

家庭内別居というのは、夫婦間の様々な理由からお互いに心が離れ、本当なら離婚をしたいけど事情があってできない場合、離婚はしないけれど、婚姻関係が破綻している状態を指します。

離婚したい相手と同居をするということは、両者ともにストレスが溜まることですが、生活費などの経済的な理由、世間体、子どものことなどを考えると簡単に離婚をすることが出来ません。

そのため、お互いに関与すること無く、仮面夫婦のような状態で生活することを家庭内別居と言います。

家庭内別居の定義とは、意味など

家庭内別居をするメリット

経済的なメリット

本当は夫と別居や離婚をしたいけれど、今まで専業主婦をしていて貯金がない場合や、働いていても一人暮らしをする収入が無いという方もいます。

さらに、子供がいる場合では、ある程度まとまったお金も必要になるため、思い切った行動に出る事が出来ない方も多いのではないでしょうか?

そういった方が多く取る行動としては、今まで通りの家事や身の回りのことをする代わりに生活費を入れてもらい、家庭内別居をするという方法です。

離婚はしたいけれど、会話などはしないものの、今まで通りの生活をすることで生活費を受け取る事ができるため、経済的なメリットがあると言えます。

世間体を保てる

基本的に、家庭内別居は家の中だけで、外では夫婦を演じています。

そのため、離婚をしたことによる世間体が悪くなるといったことはありません。

子供と離れずにすむ

一度、離婚をしてしまうと、子供に会う事が難しくなります。

そのため、子供と離れずにすむというのはメリットになるのではないでしょうか?

家庭内別居をするデメリット

精神的なデメリット

やはり、離婚を考えている相手の世話を、必要最低限しないといけないというのはストレスになります。

洗濯や家事など、嫌いな人の分までしないといけないのは、苦痛になる方も多いです。

また、同じ空気を吸うのも嫌という方もいるようで、このような精神的なデメリットに耐えれる方はそうそういません。

子供に大きな負担

子供は親の背中を見て育つものです。

喧嘩ばかりをしている親、家でも全くしゃべらない親というのは普通ではありません。

そのため、子供ながらに、精神的な負担を感じることもあります。

今後の生活に足かせ

家庭内別居を考えている方は、すでに夫に愛想が尽きている方が多いと思います。

そんな中、優しくしてくれる相手や魅力を感じてくれる相手が現れることもあるでしょう。

しかし、家庭内別居をしている場合では、夫や妻がいるため、その気持ちに応えることが出来ません。

家庭内別居では、状況によりますが、不倫となってしまうことがあります。

また、こんな生活をしていてよいのだろうかと、悩むことも多々あります。

<< 家庭内別居の定義とは、意味など 家庭内別居の裁判・判例事例 >>

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

離婚調査の対応地域

都道府県

新着記事

離婚調査に関する記事

関連ページ

Top
離婚調査なら探偵王 家庭内別居のメリット・デメリット