離婚調査なら探偵王 家庭内離婚の定義とは、その意味

家庭内離婚の定義とは、その意味

家庭内離婚の定義とは

そもそも、家庭内離婚とは

家庭内離婚とは離婚届けを提出し、実際の夫婦関係(婚姻関係)は破綻しているが、表面上は夫婦関係を保っている(装っている)状態のこと言います。

家庭内離婚をした夫婦の多くは、同じ家に住んでいても寝食を共にしないことはもちろん、会話もほとんどありません。

また、家庭内離婚を選択する理由としては、夫婦間が冷め切り離婚はしたいが、経済的問題や子供のために別居までは出来ないといったもので、他に世間体(近所や会社、親族に対する体裁)が理由という意見もあります。

この「家庭内離婚」ですが、1983年に作家の林郁がTVで発言し、1985年に書籍のタイトルとして使用し、流行語にもなりました。

家庭内別居との違い

定義は曖昧

家庭内離婚と同じように使われる言葉に、家庭内別居があります。

似た言葉ではありますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

家庭内別居とは、心は完全に離れてしまっていて夫婦としては破綻している関係なのに、離婚もせずに一緒に暮らしているカップルの事を家庭内別居と表現しています。

単なる同居人状態になった相手とずるずる過ごしているような状態です。

または、婚姻関係にあった相手を他人のように扱えなくて、どうすればいいのか考えるのも面倒くさくて、何食わぬ顔で同居しているというケースもあります。

具体的な定義は曖昧ですが、婚姻関係にあるか解消しているかが違いと言えそうです。

ただ、家庭内離婚と家庭内別居を同義として捉えている方も多いため、それほど気にすることは無いようです。

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

離婚調査の対応地域

都道府県

新着記事

離婚調査に関する記事

関連ページ

Top
離婚調査なら探偵王 家庭内離婚の定義とは、その意味